育毛には積極な育毛と守りの育毛がある

投稿者:

育毛には、積極的な育毛と守りを固める育毛があります。積極的な育毛とは、育毛剤を使用することが最もポピュラーな方法です。場合によっては、AGAの専門クリニックに通院してさらに積極的な育毛を施す人もいます。

一方、守りを固める育毛とは、生活習慣の改善や頭皮の正しいケアを行うことです。薄毛の原因が遺伝的なものによる男性型脱毛症の場合は、守りを固める育毛と共に、積極的な育毛が必要になります。

育毛剤の種類は非常に多く、含まれている有効成分もそれぞれによって違いがあります。
一般的な認知度の高い育毛剤もあれば、ネットを中心に広まっているような育毛剤も存在します。

どれを選んでいいか迷うものですが、自分の薄毛状態が初期のものであるか、それとも進行している状態かで使用する育毛剤も変わってきます。

初期の場合は、医薬部外品の育毛剤で髪が育ちやすい頭皮環境を作ることが大切でしょう。

また生活習慣が薄毛の原因になっている場合は、それを改めれば、薄毛自体が改善することもあります。

ストレスの多い環境で髪の毛に影響が出ている場合も、ストレスをうまくコントロールできれば髪の健康に良い影響が出るでしょう。

女性の薄毛は、このような生活環境やストレスが原因で起こっている場合も多いです。
男性の場合は、元々が薄毛体質で、年齢を重ねるごとに薄毛が進行している場合があります。

この場合は、育毛剤の使用に関してもより積極的な有効成分が含まれたものを使う必要があります。その代表的なものは、大正製薬が発売している「リアップ」のようなミノキシジルが含まれた育毛剤(発毛剤)です。

リアップはミノキシジル濃度が1%ですが、同じ大正製薬から「リアップX5プラス」というミノキシジルの濃度を5%にしたものも発売されています。

1%よりも5%の濃度の方が、育毛効果は高くなります。海外の育毛剤では更にミノキシジルの濃度が濃いものもありますが、それに付随して副作用のリスクも高くなります。

より濃度の濃いものを使いたい場合は、自分の判断で使用するのは危険ですので、必ずAGA専門の医師に相談する必要があります。

AGA専門クリニックでは、市販のミノキシジルよりも濃度の濃いものを処方することができます。

その人の状況に合わせて使用の有無や使い方について、医師が指導してくれます。自分自身の頭皮の状態を把握して、その状態に適した育毛剤を使用することが育毛効果を上げるポイントです。